BLOG ブログ

畳のサイズの違い📏

ユーハウスリフォームの武藤です。

 

今回は、

【畳のサイズの違い】

について紹介します📏

 

畳のサイズには、

◎京間 :191cm×95.5cm

◎中京間:182cm×91.0cm

◎江戸間:176cm×87.8cm

◎団地間:170cm×85.0cm

 

などいくつか種類があり、

畳の縦横比は全て2:1で統一されていますが

大きさは種類によって異なります⬇⬇

 

 

 

なので、同じ6畳でも広さが違ってきます😲

 

◎京間(関西間)

西日本で多く使われており、

関西・中国・四国・九州がこのタイプです。

 

◎中京間

主に愛知・岐阜・三重で多く見られますが、

近畿や四国、東北でも使用されています。

 

◎江戸間(関東間)

文字通り東京を中心とした関東地方をはじめ、

静岡以北のエリアで使用されています。

 

◎団地間

地域に関係なく、

公団住宅・アパート・マンションなどの

共同住宅で使用されています。

 

なぜ、地域によってサイズが違うのか❗❓

 

それには、年貢米を納めていた時代に、

検地の際に使っていた竿の長さ】

が関係しています😉

 

竿の長さは、

【1間=畳の長辺相当】

 

もともと、

1間=6尺5寸(19.7cm)】

 

だったが、豊臣秀吉の時代に

1間=6尺3寸(19.1cm)】(京間)

 

に縮め、

江戸に幕府を開いた徳川家康は、さらに

1間=6尺(18.2cm)】(中京間)

 

に縮めた。今で言う、

増税のために竿を短くしたんですね🤔

 

江戸間の発祥は、

名前のとおり江戸時代🏯

 

畳の寸法を決めてから家をつくる

【畳割り】から、

柱と柱の寸法を決めてから、

それに畳を入れる【柱割り】が普及し、

その時に当てはめられた畳が、

江戸間と言われているそうです😉

 

こうやって、

畳の由来を調べてみると面白いですね😊

 

ご自宅の畳の寸法は、

どのサイズが基準になっているか、

是非測ってみて下さい😉📏

 

 

ユーハウスのリフォームについて、

詳しく紹介しているので見てください😊✨

👇


 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

岐阜でリフォーム・リノベーションするなら

ユーハウスリフォームにお任せ下さい!!

 

      ➿0120-239-238

 

Click ☞ https://www.rakurashie.com/
Instagram ☞ @youhouse_rr

 

   

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

CONTACTお問い合わせ

小さなことでもお気軽にお問い合わせください。
担当スタッフが誠実丁寧に対応いたします。

フリーダイヤルのアイコン0120-239-238