BLOG ブログ

マンションリノベ【工事着工】愛知県稲沢市

ユーハウスリフォームの大川です。

 

今回ご紹介するのは、

愛知県稲沢市の築23年マンションの
リノベーション工事!

先日、いよいよ工事が始まりました🔨

 

今回の工事では、
間仕切壁を全て解体(フルスケルトン)し、
段差のあった床を完全バリアフリー化👣

 

まず、既存の間仕切壁の解体工事🛠

 

解体すると、、、
壁や天井で隠れていた梁や配管、配線が

顔を出してきました!

 

床の段差の原因☟☟

水廻り部分の配管を埋設するために、

床がかさ上げされていたんですね🤔

 

この段差を解消するため、
フリーフロアーで部屋全体の床をかさ上げ☟☟

 

フリーフロアーとは、
既存の床に支柱を立て、

その上にパネルを被せることで、
床とパネルの間に配管や配線を

埋設することができ、

部屋全体がフラットになります👍

 


フリーフロアーの上に、

新しい間仕切壁の墨出しをし、

LGS】で下地組み施工。

 

【LGS】とは軽量鉄骨】のことで、

マンションリフォーム現場で
よく使われる壁や天井の下地材です。

 

木製の下地に比べ、

・下地反りや曲がり、割れがないこと。
・軽量なのに丈夫で施工性がいいこと。
・不燃材であること。

 

などのメリットがあります。


完成すると全てボードで隠されて
見えなくなってしまう下地ですが、
墨出しに沿って正確に立てられ、
ダクトや配管、配線もキレイに納まります😉


ちなみに、
天井から床まで通っているこの黒いパイプ☟☟

 

【パイプシャフト】または【パイプスペース】

といわれるもので、給排水管やガス管などが、

上下階を貫通して縦に通っています。

 

このパイプシャフト(パイプスペース)の

位置は共有部分のため、

位置の変更はできません🆖

 

今回のように、住居の真ん中にあると、

水廻りの大幅な位置変更が難しくなります。

 

間取り図に【PS】と表記
されていることがあるので、

マンションリノベを計画するときは、
チェックして下さいね☝

 

今後も、このマンションリノベの
工事進捗状況をお伝えしていきます!
お楽しみに😊✨

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

 岐阜でリフォーム・リノベーションするなら

 ユーハウスリフォームにお任せ下さい!!

 

          

Click ☞ https://www.rakurashie.com/

              ➿0120-239-238

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

CONTACTお問い合わせ

小さなことでもお気軽にお問い合わせください。
担当スタッフが誠実丁寧に対応いたします。

フリーダイヤルのアイコン0120-239-238