BLOG ブログ

内装・キッチン交換工事【着工】各務原市

ユーハウスリフォームの内藤です。

 

各務原市のW様のお宅にて

内装・キッチン交換工事が着工しました🎉

今回の工事は

「床がフワフワしているのを何とかしたい」

というご相談がきっかけです👀

床施工と同時に

システムキッチン交換も合わせて

行うことになりました✨

 

W様のお宅のように

床がフワフワになってしまう現象は

築20年以上の家でよくみられる現象です😣

 

・経年劣化で床材の下に空間が出来浮いてしまう

・床材を支える木材が腐食してしまった

・シロアリ被害によるもの

 

など、原因は様々で

ご依頼がとても多いリフォーム工事の一つです。

 

 

 

この場合、床の状況に応じて施工を変えます⚒

 

現在のフロアを少しめくって施工したり、

さらにその下地の木材からもやり代えたり。

床鳴りの恐れがあるところは

ビスで既存のフロアと下地を留めたり。

その他様々な方法を検討し、一番良い方法で施工します💪

 

今回はフロアを一部めくり

新しい合板で補強する方法を採用💡

下地の木材は

乾燥状態及び状況も良かったので、

そのまま利用することになりました😊

 

ご要望に対してただ施工するのではなく、

プロとしてのアドバイスも織り交ぜながら

施工していきます。

 

時には、

「それはやめましょう」とか、

「こちらの方が良いのでは」という提案もします。

ご予算や将来性、

デザイン、仕上がりをトータルに考えての提案です。

 

 

今回のお客様は

システムキッチンをとても熱心に研究され、

メーカーショールームにも何回も足を運ばれていました💨

時には私も同行し、

専門的なお話ができるスタッフと連携を取り、

お客様の思い描く

機能とおさまりにこだわり抜いたキッチンに

辿り着きました。

 

昨日は

・現場監督の大川

・キッチン施工業者

・メーカースタッフ

と綿密な現場確認を実施☝✨

 

リフォームの現場では

元々の壁と床が

必ずしも水平・垂直になっているとは限りません。

むしろ程度の差はあれ、傾いていることがほとんどです😲

仕上がりと、利便性、

そして耐久性を考えての現場判断となります。

 

特にキッチンの扉は

見栄えを重視するあまり

斜めにつけても開閉に支障が出ますし、

水平につけても

今度は壁とのとりあいが斜めになり、

見た目が悪くなってしまうこともあります💦

 

ここはやはり

いかに場数を踏んでいるかという、

経験と知識が物を言います❗❗❗

新築とは違った神経を使うところでありますが、

またそこが腕の魅せどころになります💪

 

 

W様のお宅では

しばらくの間キッチンが使えませんが、

こだわりのキッチンをしっかり施工させて頂きますので

もう少しお待ちください😊✨✨

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

 岐阜でリフォーム・リノベーションするなら

 ユーハウスリフォームにお任せ下さい!!

 

          

Click ☞ https://www.rakurashie.com/

              ➿0120-239-238

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

CONTACTお問い合わせ

小さなことでもお気軽にお問い合わせください。
担当スタッフが誠実丁寧に対応いたします。

フリーダイヤルのアイコン0120-239-238